東京都葛飾区 亀有駅から徒歩7分の小児歯科医院
tel:03-6662-9295
MENU

フッ素塗布について

フッ素塗布について

フッ素は歯質を丈夫するため虫歯予防に役に立ちます。ごく初期の虫歯では、再石灰化で歯が修復します。

乳歯は生え始めてから2年程度は柔らかいので、虫歯になりやすい状態です。定期的にフッ素塗布を行うことで、歯質を強くし虫歯になりにくい丈夫な歯になります。

フッ素塗布の流れについて

フッ素塗布は、歯が生え始めたころから定期的(3~4ヶ月に1回)に小学校高学年ぐらいまで行うと、虫歯予防に効果があります。

フッ素を塗る準備を行います

歯ブラシにフッ素を染み込ませます。

上の歯から塗ります

前歯から奥歯に向かって塗っていきます。

下の歯も続けて塗ります

フッ素を付けたしながら、全体の歯に塗ります。歯に浸透させるため、約30分間は飲食を控えてください。

フッ素についてのQ&A

診療項目