東京都葛飾区 亀有駅から徒歩7分の小児歯科医院
tel:03-6662-9295
MENU

歯の怪我について

歯の怪我(ぐらつき・折れる)の治療について

歯をぶつけ、ぐらついている状態の時は、左右の歯と一時的に接着し固定させます。

約1ヶ月、様子をみて、治っているようであれば、接着を外し治療終了です。

歯が根元から折れてしまっている場合は、義歯を作り、根元を使い固定・修復します。

歯が抜けてしまった怪我の治療について

抜けてしまった歯が、綺麗な状態で残っている時は、30分以内にお持ちください。歯についた汚れを綺麗に落とし、抜けた部分に戻して様子を見ます。

歯を戻すのが困難、歯が無い場合は、義歯をお作りいたします。

歯の怪我の治療の流れについて

転んでしまい、歯がぐらぐらしている怪我の治療についてご説明します。

ぐらぐらしている歯の左右に樹脂を塗ります

怪我した個所をきれいにし、左右の歯に樹脂を塗ります。

樹脂を固め接着します

樹脂に特殊な光を当あてることで固まります。

樹脂が固まり治療完了

固まった樹脂は、歯と同じ色で目立ちません。1ヶ月後に状態を確認して、問題がなければ接着を外します。

歯の怪我についてのQ&A

診療項目